バトンコラム

メンバーからメンバーへとお題を出し繋げていく、企画コラムです。
お楽しみください!!
第二十三回:齋藤めぐむ

お題『武器』

すっかり失念しておりまして、何人かの方からご指摘頂きました。申し訳ありませんでした。

あさみんが中村氏から受けたお題は『楽器』だったんだけど…『武器』で良いんだよね?(笑)そのお題を引き継ぎ僕も武器について語ろうと思う。

僕にとっての武器は勿論キーボードだけど、楽譜や個性もそうなのかもしれない。

まずキーボードは元々ヤマハ育ちと言うのもあり、色んなメーカーやブランドがある中で、ヤマハのキーボードの鍵盤タッチは、僕にとってかなり馴染む。
これって何かに例えられるかなと思ったけど、ちょっと見当たらないかな。是非皆さん店頭で確かめてみて(笑)

使用楽器は
ヤマハS70XS
これは76鍵には珍しいピアノタッチになっているのと、やはり他の電子ピアノとは違うタッチが気に入っている。

ヤマハMX61
こちらは61鍵でギター並みの軽さが気に入り、このクラスにしては音色のクオリティが良いのが特徴。

他にKORGのTRと言うシンセも、家にはエレクトーンもある。
全部僕にとって、その時その時の音楽を届けるのに大事な武器となる訳だ。

そして楽譜。
これはよく僕ら財産と言う事もあるけど、企業秘密みたいな所もあって、ある意味その人の癖や、ここぞ!と言う必殺技みたいものが記されている訳だ。
共演者以外あまり人には見せたくないと思うのは僕だけではないはず。

武器も使う人が使い方を間違えれば、効果を発揮することは出来ない。

言ってしまえば、みんなの個性だって、いつでも武器になるのではないかと思う。

さて次はレナちゃんにも同じ『武器』のお題でバトンを渡そうと思うんだけど、いつになるかな?!
第二十二回:村井麻美

お題『楽器』

わー!下書きしてるうちに、気がついたら年も越してて(^^;;

あけましておめでとうございます!先月は引っ越してバタバタ…はい、言い訳ね…
今年はさらにバタバタな一年になりそうですが、そんな日々の中でも一日一日を大切にして行きたいですな☆今年もどーぞよろしく!!


では私も武器について。。。

私がいま使っているベースは『アトリエZ』というメーカー。今でこそ使っている人は多いけど、14年前に購入した当時はあまりメジャーな方ではなく、どちらかというとフュージョン系の人が使うイメージが強かったのでは?!

小学校5年生のときに「ベースがやりたい!」と親に相談…それはそれは反対をされ…そこから一年が経ち、あきらめきれずに再度交渉…習い事なら良いと、音楽教室に通うことに。(後にここで、めぐむ氏と出逢う 笑)

だがしかし、小学生がベースを買ってもらうことは許されず、当時はダンボールをベースのカタチに切り、そこに4本の糸を貼った。マジックでフレットを描いた。そんな手作りの、なんちゃってベースで練習していた。それを見ていられなかったんでしょうね…先生が使っていないベースを貸してくれたっけ(^^;;

けど今思えば、そんな手作りベースで必死にポジションを覚えようとしていたあの時の気持ちは純粋に、ただただ純粋にベースと向き合っていた気がして。。。なんだか誇りにも思う(笑)楽器は容易く手に入れるべきではない!とさえ思える…

そこから月日が経ち、16歳のときに「一生を共にするベースが欲しい!」と決心。探すからには楽器屋さんが多い東京に行こう!と。東京楽器店ブックガイドを片手に、一泊二日で30店舗以上を巡る旅へ出る(笑)そして今の楽器に出逢った。

そう、だから何の不満もない。新しいベースが欲しいという気持ちもない。むしろ中村氏も言うように、私もこのベースが使えなくなったら、そこでプレイヤー人生が終わるんじゃないかとさえ思う。。。

ただね、欠点といえば重いということ。基本的にベースはギターより重いけど、その中でもアトリエは重い方で私のは8kgぐらいある。それを肩に下げたまま演奏し続けるわけだから(^^;;意外と?ライブは体力勝負なのであります。。。体力作りも頑張りたいのであります。。。


というわけで、お次はめぐむ氏!武器について語ってちょーだい!



第二十一回:中村マサトシ

お題『楽器』

レナがいつまで経っても書かないので、僕が新たに書こうと思う。

フラストレーション溜まる時期ってのがあって、ちょうど今そんな時期なんだな。
歩く道のりの中で、立ち止まって見渡す景色。

そいつが果たして望んでいたものなのか、予定通りの景色なのか。
まぁ大抵、思ったほど歩けてないじゃないかってなってしまうんだけれど。

それはさておき、みんなが書きやすいお題ということで
年も押し迫ってきたこの時期に、改めて自分の武器について語ってもらおうと。

僕の場合は「声」そして「ギター」だ。
これは昔から変わってないんだけど、「声」のための「ギター」という位置づけが僕にはある。
ギターが声よりも重要視されることはない。

つまり歌うためにギターがあるという解釈なんだ。

とは言え、その歌うためのギターは歌のために良い音、良い鳴りでなければならない。
僕は細やかなギターフレーズを弾き熟せるテクニックは持ち合わせていない。
いつだったか、三井リツオに「お前はいくら練習しても弾けない性格」と断言されたことがある。笑
その通りなんだけど、きっと。

今僕が使っているギターは岐阜県にあるヤイリという国産のギターメーカーだ。
泥の道というシングルを出したときに、ハンドメイドで作ってもらった世界に1本だけのギター。
これが年々、良い音になっている。
きっと、このギターが壊れたり盗まれたりしたら、僕は弾き語りをやめるだろう。
このギター以外に使うきはしない。

だから、このギターの寿命が僕の音楽人生の寿命。

そして、今使っているエレキギターはカジノというギター。
ジョンレノンが使っていたことでも有名だ。とても気に入っている。
エレキギターは、自分の理想の音にするために試行錯誤が必要だ。
アコギとは違って、そのままの音ではなく電気を使うわけだから、アンプやエフェクターを駆使して
理想に近づける作業が必要だ。
これがまた面白い。

最後に、声。
年を重ねるごとに変化していくであろう声。
自分のやりたい音楽と、自分に合った音楽は違うと思っている。
果たして自分はどうなんだろうと迷うことが多々ある。
けれどもしかし、やりたいことをやっていきたいよね。

だから出来るだけ今の声のまま、維持していきたい。

先日、山下達郎さんのライブへ行ったとき、度肝を抜かれた。
僕が幼少の頃に聴いた声そのままだったからだ。

その他にも小田和正さんや玉置浩二さん浜田省吾さん、多少の変化はあれど
やはり変わらぬ歌声を僕らに届け続けている。
これは並大抵のことじゃないし、本当にすばらしいことだと思う。

追究をやめない。死ぬまで追い求めていきたい。そう思う今日この頃です。
次は麻美ちゃん。
語り尽くしてくれ。
第二十回:齋藤めぐむ
お題『特別な時に必ずすること』

すっかり放置してすいません!
僕の番だった事がすっかり抜けてた(>_<)


うーん、お題の答えは身体をよく洗う事かな。
ライブの前とか、何か特別な事がある日の前とかは、念入りに身体を洗って気持ちをスッキリさせると言うか。

そりゃちゃんと毎日髪洗って、身体洗うんだけどね。

旅行に行く前とかも、いつもより念入りになるかも。
身も心も洗って整えて、いざ出かけるって感じ。


これはレナっちにも聞いてみたいね!
第十九回:村井麻美
お題:『特別な時に必ずすること』

今回は同じお題に答えてみよーってことで(笑)

特別な時に決まってすることかぁ。

『挨拶』かなぁ、、、

もちろん普段から挨拶は心がけているけど。それこそライブの日は、いつもより大きな声で「行ってきます!」って言ってる気がするし。例えば相手にとって普段と違う日ならば、送り出す時も「行ってらっしゃい!」と、いつもよりパワー?を込めてる気がする。それが無意識でも。

なかむーが前回のお題で死について書いていたけど。それも含めて「行ってらっしゃい」と「行ってきます」は前より大切に感じるようになった。それが言えることが決して当たり前ではないから。

何が特別か?それにも繋がってくることだけれど。私にとっては『当たり前のようで当たり前ではないこと』が特別なのかも。年齢とともに、よりそう感じる。

環境も心境も、日々つねに変化するものだから波があるのが自然なことだし。嬉しいことも落ち込むこともあるけれど。一日の終わりを、ビール飲みながらテレビを見て、今日あった出来事を語りあって笑いあって。それが平凡と言ってしまえばそうかもしれないけど。ある意味それが特別。日常を送れること、それが決して当たり前ではないから。

だからこそ、日々を大切に生きて行きたいね!!


ということで、めぐむ氏にとっての特別な時にすることも教えてー( ´ ▽ ` )ノ

第十八回:中村マサトシ
「特別な時に必ずすること」

ライブの時は決まって赤いパンツを履くんだ。願掛けでね。
そして直前には嗚咽が止まらん。
酸で胃に穴が空きそうだよ。

最近は身体の衰えを感じることもあって、いつまでも若くないんだなってことと、年をとるって本当なんだなってことを思う。その度に、死に向かって歩いてる実感が増してゆくよ。

死ぬんだなぁ、いつかは死ぬんだなぁって、現実味を帯びてくるよ。
それがたまらなく怖くなる時があるね。

飯を食ってる時なんかも、濃い味付けの物を好んで頼んだり、塩分を足したりとかする度に、ふと過る。

最近はずっと腹を下してるしね。もう1ヶ月経つぜ。

そんなこんなで、日々前向きに生きていくことを忘れないでいたいね。

明日死んでも悔いがないようにっていう前向きさは好きじゃない。
後悔するよ、やっぱり。今日をどう生きようが、死にたくないって思うよ。

生きる。その前向きさだよね。

いつも今日が最後だと思ってステージに立つっていうのも好きじゃない。
明日の話もするし、次のライブ告知もしっかりしてるじゃん。って。
あくまでもそういう気持ちで。っていうのは分かるけど、なんだかなぁ。

だったら、
何としても明日に繋げるステージを俺はいつだってやらなきゃいけないんだ!!
じゃなきゃステージ立てなくなるからさ!必ず次のライブに繋げるてやる!
っていうのがいい。

ところで、特別な時ってどんな時だろうね。

第十七回:みずのれな
お題『異性の好きな仕草』


二人きりで外でご飯を食べる時に
男性が腕時計外すの、好きです。
私のこと見ながら外された〜日にゃ
も〜うたまらん。(時計の種類にもよる)
あとはねー、普段他では見せないたまらなく優しい顔で微笑んでくれるとなんとも言えぬ幸せな気持ちになりますね。

自分の前だけではとか、自分だけにはこうだって言うのが好きだな〜



ずいぶん日があいてしまいました。
めんご。
次のお題は特別な時に決まってすること!!習慣とは違うかなぁ?
何かある?みんな!

第十六回:村井麻美
お題:『雨』

前回の長いお題によく答えてたねー!さすが長老!(笑)

それにしても今日は暑かったー!まだ五月だというのに夏がやって来たの?って感じ。そんな天気が良かった本日ですが、、、

今回のお題は『雨』


しとしと。ぽたぽた。ざーざー。

雨は基本的にイヤ。
青空が好きだから、空が曇ってるとそれだけでテンション下がる…気持ちも沈む…

公園行くにも、BBQするにも、野外ライブするにも、もはや近所のスーパー行くにも、晴れていてほしいし!

イベント事とか大好きなんだよね。
その日まで指折り数えて、いざ当日、雨で中止!なんてなったら、そんなの悲しすぎる。。。だから意地でも晴れさせたい!と想いの強さが、気づいたら晴れ女と呼ばれるまでになったのかも…まぁ、それは置いといて(笑)

そんな雨は、みんなの嫌われものだと思ってた。

でもね、この間ふと「雨はまだかなー?」って言ってた人がいたの。庭の木々たちを見ながら。

当たり前だけど、自然は雨があってこそ成り立ってるんだよね。森も米も、日本人の私たちはこの気候により出来ている。


待っている人がいる。
救われる人がいる。
そう思ったら、少し。
ほんの少しだけど。
好きになれそうかな。

なんだか悲しくて。
どこか切なくて。
懐かしさ蘇っては。
ちょっと寂しくて。
でもすこし優しくて。

そんな雨、あなたは好きですか?




さて、次のお題は、、、
『異性の好きな仕草』

同性として気になるー!教えてー!レナっちー!
第十五回:齋藤めぐむ
お題:「何年もずっとずっとモヤモヤしていて、でもどうにか受け止めなければならなくて」
 
更新遅くてすんません!
今回のお題ってこれでいいのかな?!
 
みんな何かしら内に秘めている事ってあるんだと思う。
それは男女問わず、誰にも言えない事かもしれないし、今は時効なんて事も。
 
でも、それは毎日どんどん過去になって行って、今生きている自分が現実で、その周りの人達との世界も現実。
何とか自分を納得させる理由を見つけたり、言い訳を探したつもりでも、ある時急に行き詰まってしまうかもしれない。でも全ては自分が選んで来た道。
ある時の分岐点で右か左か、きっと選択してきているはずだから。
 
例えモヤモヤがずっと消えなくても、何とか受け止められたら、それは今を生きている証だし、過去も無駄では無かったと言えるのではないかな。
 
まぁ今僕はモヤモヤって言うのがほとんどなくて、どちらかと言うと前に進んで行こう!と言う方が強いのかな。
モヤモヤ=過去では無いにしろ、そう言う重しの様なモノが心にあるのは、過去に何かしらの原因があるからに違いない。きっとね。
 
これからの季節、気候によって心身ともに体調を崩し易い時期だよね。
気圧とか気温、湿度で急に元気が無くなったり、体が重く感じたり、そんなモヤモヤになりそうな梅雨。
 
最近のお題はちょっと長過ぎるので(笑)ここらで一つ
 
次のお題は「雨」と言う事で。
 
晴れ女ですが、あさみんよろしく!
 
第十四回:みずのれな
お題:「何が成功で何が失敗なのか、それと満足は果たして比例するのだろうか」

なにか目標があってそれを達成することが出来たら成功?満足?
達成出来なかったら満足出来ずに失敗?

目標を例え成し遂げられなくても満たされれば失敗ではなく成功にすり替わる場合もあるし、その逆も。
満たされても成功と言えないこともある。

比例はしないかなー。
成功•失敗と満足が交わる瞬間はたしかにあるけれどほんの一瞬だ。


ここに第三者のアレが加わると更にかけ離れてしまうんだろな〜あ!
あーむっかしい!!

ギーブアーップヽ(・∀・)ノ♡
ろそろそ皆更新を待てない頃かと思ってギブアップしたんだぞ!!

…遅すぎてごめんなさい↓



ひとつだけずっと考えてることがあって、それが正解だったのか間違えだったのか今もこれからもずーっと答えは出ないだろうし、実際結果はでてしまっているんだけど、ここ何年もずっとずっとモヤモヤしていて、でもどうにか受け止めなければならなくて。

みたいなことある??
ずーっと考えてる事!!
これお題ってなかなかやっかい?
ねぇメグミュージックー!!

第十三回:中村マサトシ

お題:「嘘」
 
まさかのUターン。
前回の麻美んコラムはファンにはたまらないプライベートな内容だったのではないだろうか。ワンダフォー。
 
今回のお題は「嘘」
口に虚。
 
嘘にも色々ある。
 
僕は、嘘も方便だと思ってる。
 
喜べる小さな嘘は、有難く受け取ろう。
 
また、自分自身への嘘も必要だ。
あるバンドはこんなことを歌ってる。
「どでかい嘘をつき通すなら、それは本当になる」
 
自分自身にどでかい嘘をつきまくる。
そいつを実現させ、本当にさせる。
僕は今、そんな風に解釈してる。
 
嘘は良くないことばかりじゃない。
 
使い方なんだろう。
 
嘘は方便であってほしい。
がしかし、人の生活を脅かし、死にいたらしめるような嘘はいかん。
人の成功を邪魔するような嘘はいかん。
人の幸せをめちゃくちゃにするような嘘はいかん。
これは逆も然りで、時に真実が同じように脅かし人を深く傷つける。
 
僕は思う。
絶望の淵で手を差し伸べるような嘘は必要なんじゃないかな。
誠実な嘘。思いやる嘘。
 
いや、嘘は嘘でしょ。と、どこからか醒めた声が聞こえてきそうだが。
 
 
次のお題は、「何が成功で何が失敗なのか、それと満足は果たして比例するのだろうか」
 
逆Uターンで、レナぽん。
第十二回:村井麻美
お題:『男性と過ごす理想の1日』


みんなずいぶんと包み隠さずにコラム書いてるね(笑)

じゃ私も頑張って、さらけ出そうかな(笑)


『男性と過ごす理想の1日』
ようするにデートってことだよね?!

そもそもね、よくアウトドア派?インドア派?みたいな質問ってあるでしょ?私アレとっても困るの。だって、どっちも好きだから!みんなはハッキリ答えられるものなのかな?素朴な疑問。。。


お昼過ぎまでゴロゴロお布団に包まって、お家で映画観たりしながら、のんびりと過ごす休日も好きだし。

かと思いきや、予定をしっかり立てて早朝から遠出したりするのも好きだしね。

季節だったり天気によっても違うけど。


そうだなぁ、理想としてはね、よく晴れた日に早起きしてお弁当作って。えっとね、お弁当の中身はリクエストしてもらうの(笑)それで水筒とシート持って、ピクニック♪

自然に囲まれたところで、ひなたぼっこしながら四つ葉のクローバー探すの!どっちが先に見つけられるかな?って☆

どう?このデートプラン?(笑)


でも、よく思うの。

「どこに行くかじゃなくて誰と行くか」

「何を食べるかじゃなくて誰と食べるか」

が結局は大事で。

好きな人と一緒だったら、どこへ行っても楽しいよね。

好きな人と食べるなら、何を食べても美味しいよね。

そう思える人と一緒にいたいしね。


うわぁ…ぎゃー!ぎゃあー!
こんなこと普段は絶対に書かないし言わない…何かめっちゃ恥ずかしいε-(´∀`; )

以上!(笑)


さて、次のお題は…先日あったエイプリールフールにちなんで『嘘』

担当はUターンで、なかむー!!
第十一回 中村マサトシ
お題:「欲」


それは深海のように限りなく、その深さは底知れない。

煩悩。108つ。
自然と身体が欲するもの。
頭で考え欲する物事。貪欲。

人が人である以上、無欲で生きるのは不可能(に近い)。

仏教では大きく5つに分け、五欲と言うらしい。
(食欲、財欲、名誉欲、色欲、睡眠欲)

中でも特に強く欲するものが、人それぞれにあるはず。
日々、欲との闘い。欲との平和条約。


僕は性欲が強い。
男性なら当然かもしれないが。

僕の8割はエロでできていて、残りの2割は音楽だ。
だから下ネタか音楽の話しかできない。
故に女性から煙たがられる。
退屈な男だと頬杖をつかれることだろう。
これじゃ性欲は増すいっぽうで満たされることなく、夜な夜なG行為に勤しむ他ないではないか。

欲とはうまくいかないものだ。
しかしながら、"うまくいかない"ことで制御されるのかもしれない。
僕らはまた浮かびあがってこれるのかもしれない。


溺れてはいけない。
潜りすぎちゃいけない。

群青に引きずりこまれるな。
安易に飛びこむな。



それは底知れぬ海なのだから。


にしても、セックスにあまり良い印象を持てていない男女がいるとしたならば、そこに果たして愛があり、そしてその愛故に惜しまぬ相手への敬意と尽くす想いが互いにあるかどうかをもう一度問いてもらいたい。

セックスは行為ではない。
性的な欲求でもない。

それは愛であり、そのカタチ無きものへの体を張った純粋な表現なのだ。


次のお題は、男性と過ごす理想の1日。
書いてもらうのは、あさみぃ!!
第十回:水野レナ
お題:『興味』

興味のあることか〜
好きな事、好きな物、好きな人。
興味の対象が次々変わって
ぜーんぶ中途半端。

ギャー!
やんだ〜あたしったら(´-ω-`)

食ですね!食!
興味のあること!!
美味しいものを食べると元気がでる。
今年は料理にチャレンジ!し、したい。。
まずは自分の好きなものから。

きんぴらごぼうだけ作れるんだよ!だけ。。泣
奥さんほしいや
今のところ料理より洗濯や掃除のが好き

こないだテレビでやってたんだけど、
どっかの民族はトウモロコシの粉ふやかしてヤギの乳入れたやつを毎日3食たべるんですって。少し酸味があるくらいでほとんど味ないらしい。
うちのカレー食ったらビックリすっかな
うおー!カレーくいでー!


ヤギってどうしてヤギっていうかしってる?
アザラシってどうしてアザラシっていうか知ってる??

眠くなってきた〜
昔から私は宵っ張り(´◡͐`)
中学生のとき夜更かしした子は。。
貧乳が多いってil||li_| ̄|○ il||liガーン

遠くへ行きたい!旅したい!
外国へいってみたい!
いろんなもの食べたい!

この文章の終わりが見えない(꒪⌓꒪)
でも終わらせる!

次のお題は〜欲!!
みーんなみんな欲まみれー!


なかむらまさとし〜
よろ(・v・) ☆
第九回:齋藤めぐむ
お題:『憧れ』

ちょっと時間が空いてしまいました。ごめんなさい!

今回のお題は『憧れ』だったね。

あんな風になりたいとか、格好いいなぁと思ったりするって事だと思うけど、実はあんまりそれを抱いた事がなくて、尊敬するアーティストとか、好きなミュージシャンってのも、正直これ!って言うのが無いんです。

なんとなーく生きて来てるからかな…。

いやそんね事はないと誰か言って下さい!!早く!

自分でもそうは思ってないけどさ!


でも憧れって言うのは人に対してだけじゃなくて、モノだったり出来事にも抱くもの。
欲みたいなものにもなるのかな。
心引かれるなら、常に音楽に対しては憧れを抱いてる事になるかな。

勿論人に対しても、誰一人として自分と同じ人はいない訳で、考えてみれば既にそれが自分の周りの人に興味を持つ、要は憧れなのかもしれないね。

似てる人に憧れる人、自分と違うからこそ憧れる人、色々だね。

さて次のお題は「興味」でどうでしょう?!

まぁちょっと似てる感じもしますが、次に担当は水野レナっち!!

よろしく!

第八回:村井麻美
お題:『信じるということ』


おぉ!おおぉ!そう来たか!

信じること…信じること…それはとっても難しいことだと、私は物心ついた時からずっと思っていて。むしろ、疑うことの方が簡単だと思ってる。

だってさ、その方が傷つかずにすむんだもん。。。

恋愛とか人間関係だけじゃなくて。自分の未来だとか夢にしても。信じることは怖い。

信じる力って、年齢と共に自分の「経験」というのが時として邪魔をしてきたりもして。次第に臆病になっていたりね。

でもホントね、ヒミクラでもお馴染みの中村氏の『通わせて』を初めて聴いた時は、自然と涙があふれて来た。(ここだけの秘密です!笑)

「疑うことから始めてもいい」
この言葉に救われた気がした。

結局は自分次第なんだよね。きっと。誰かや何かのせいにして生きて行くことはしたくないし。妨げてくるものにも惑わされたくはない。自分が信じているものは貫きたいな。どんな結果であろうと、自分で選んだことなら後悔しないというか。んー、たとえ後悔したとしても納得は出来ると思う。

だから、やっぱり、まずは自分を信じることから。

だって本当は信じたいんだもん。怖いけど、自分が大切だって思うことは信じていたいんだもん。そして信じてもらいたいんだもん。


ということで、次のお題は『憧れ』

このお題について語ってもらうメンバーは、、、

齋藤めぐむん!よろしくでーす☆

第七回 担当:中村マサトシ
お題:「楽しみ」


日常生活には様々な種類の楽しみがある。
それは人それぞれだし、大袈裟な話、俺の楽しみは誰かにとっての苦痛でしかないかもしれない。その逆も然り。

ただ、好奇心をなくしては楽しみがどんどん狭まるし、偶然の産物を待ってるだけじゃ、日々はとても退屈なものになっていってしまう。
誰かの楽しみに参加してみるのも大事だし、自ら探し続けることも無くてはならない「楽しみ」と言えるかもしれない。

ひとつの楽しみに長いこと携わったり、あるいはそれを生業として生計を立てたり、楽しみも繰り返されることによって「楽しみ」から少しずつ掛け離れた感情や感覚を芽生えさせてしまう。

が、しかし、麻痺しちゃいけない。
遠足前夜の気持ちを忘れちゃいけない。
楽しみってのはその物事よりも、そこへ向かうまでのプロセスや時間そのもののような気もしてる。

ドキドキワクワク、たまにソワソワ。
でもワクワク。かなりドキドキ。

楽しみがあることで乗り越えられることだってある。
その楽しみがどんな些細なことであろうと、自分の日常生活を一瞬でも華やかなものに変えてくれる。

楽しみはご馳走と似てる。
寿司や焼肉はご馳走だ。
しかし食べ続ければ飽きる。
いつでも食べれるものになったら、またその上のご馳走を求める。
その頃にはコンビニ弁当なんか出されたら、「え?コンビニ弁当?なんで?」とかなっちゃったりして。


俺は今でもゴマ塩ご飯がご馳走だ。
肉なんか食えた日には涙が出る。
楽しみもそんな感じ。
感謝。感謝の日々、いっぱい楽しませてもらってる。
自分で探し出した楽しみも、誰かがくれる楽しみも、何でも全部楽しませてもらってる。
さ、仕事いってくる。

楽しく仕事しよう!なんて能天気な気持ちはない。
その仕事を楽しむ。そんな気持ち。

日常生活には様々な種類の楽しみ方がある。


次のお題は「信じるということ」
担当は、、、ちゃん麻美!!

第六回:齋藤めぐむ
お題:『健康』

HIMITSU CLUB BAND長老のわしじゃ。
って中村氏と一つしか変わらないぞーー!

さて今回のお題は『健康』
あまり普段から健康に気を遣って意識してる事はないんじゃが…。

わしは野菜が好きなんで、例えば焼肉を食べに行っても、必ずサラダやサンチュは欠かさないのじゃ。
バランス良く食べる方がいいかなと思っておる。

長生きの秘訣はと…

いつまで長老なんじゃ?!

気を取り直して。
運動も特にしてないし、遅寝遅起きだしね。
でも心が元気だと体も元気だし、やっぱりバランスは必要なのかもしれません。
それじゃ、そのバランスはどうやって取るのか、それはみんなやり方が違うと思うけど僕は「新しい経験をする」って事は心にも体にも刺激になる気がします。

挑戦って事かもしれないけど、今までに使っていなかった筋肉、使われていなかった細胞がビビっと初めて電気が通って、新たな行動が出来たり、新しい感情が生まれて表現の仕方も増えると思うな。

振り返る事も必要だけど、前に進んで良いと思う事を続けること、楽しい事をやって行く事が、今の自分は健康でいられる秘訣かも。

それは自分だけじゃなくて周りの仲間や応援してくれるみんなに教わった事でもあります。


と言う事で、次のお題は『楽しみ』
これについて語ってもらうのは、そろそろ回さないとイジけてしまいそうな…なかむー!!

よろしく☆

第五回:水野レナ
お題:『癒し』

へーい!
早くも私の番がやって来たぜ!!

今回のお題は!?『癒し』!!!
癒しとな?
いやしいやし…いやしい……


あ!最近、海外ドラマ『ゴシップガール』の恋愛ゲームにハマってて♡ぎゃー
毎日スタミナ(HP)をつかってセンスを磨き!お目当ての男子と恋愛してくってアレなんだけど…これが面白くって!
マークが私の事好きだって言うの!!!イヤン
いやされる〜ひかないで〜



って話ちげーな。普段、癒しを意識して生活してないからパッと出てこぬ。

けど今年の目標というかなんというか…
どんな時も気分よく気持ちよく過ごせるように、マイナスな考え方をなるべくしないように心掛けたいなぁと思ってます、はい。

ネガ ティブ子からポジ ティブ子になるんやー!!

癒しとはちょっと違うけど、
そうすれば自然にもっと楽しいことも嬉しいこともどんどん増えて、それが癒しや支えになっていくような気がします。

心も体も健康でありたい!ね!


てことで次のお題は〜『健康』
これについて語ってもらうのは〜
ヒミツクラブバンド長老の〜
メグミュージック!!

怒った怒った?笑 よろ〜♪

第四回:村井麻美
お題:『習慣』

なんか、みんなのコラム読むの楽しいなぁ♪

でも、いざ自分にまわってくるとドキドキしちゃう。。。

さて今回のお題は『習慣』
大きく分けると二つあると思う。

「やらなければならない習慣」
働く、寝る、歯を磨く、身だしなみを整える。とかは、生きていくためのもの。

「やりたくてやっている習慣」
手帳にその日の出来事をメモしたり。お気に入りのショップの前を通ったら、買わなくても立ち寄るし。その日の気分でネイルを選んだりね。

あとね、私の中ではここ数年「習うより慣れろ!」と自分に言い聞かせることが多くて。

たとえば何かに苦手意識というか、挑戦したいけど難しいことに思えることとかがあった時に言い聞かせてる。

個人的に今年の目標は「運転」と「運動」なんだけれど。たまたま運つながり(笑)

ペーパードライバー歴も10年…そろそろ卒業したいと思って今月から地道に練習。あとは体力つけたくて昨年の秋から始めたジムとウォーキング…寒さや忙しさに負ける時もあるけど。

それこそ、運転にしても運動にしても、義務感を抱いてしまうと憂鬱になってしまうけど。習慣になってしまえば、自分の理想に近づけるんだもんね。『習慣』ってある意味、強みだと思うんだよね!!

ということで、第五回目のお題は『癒し』
最近つくづく癒しのひと時って大切だなーっと思いまして。

このお題について語ってもらうメンバーは…

レナちゃーん!よろしくね☆

第三回:齋藤めぐむ
お題:『記憶』

わー初コラム!
何書けばいいんだろう…。

今回のお題は『記憶』
パソコンで言うハードディスクみたいな僕らの脳みそに、色んなデータが書き込まれて行く。

生まれる前の記憶がある!なんて人もいるけど、本当に覚えているのかな?!僕は全然記憶ないけど…。
でも音楽が鳴っていたりすると、母親のお腹を蹴っていたらしい。その頃から音楽好きだったんだ。

テストの為に一生懸命勉強したり、曲を覚えたり、台詞覚えたり、あの人の家への道順とか、行った場所の風景とか、今朝の電車で会った可愛い娘の顔とか、格好良い店員さんとか、昨日の夕飯とか…。

意識したり意識しなくても、どんどん脳みそに焼き付けているんだと思うけど。

でも人の記憶って結構曖昧だよね。

あんなに美味しかった料理も、あんなに好きな人の顔も、あんなに練習したピアノもちゃんとは思い出せなかったりして。

でもそれは記憶力が悪いんじゃなくて、人の記憶は自然と忘れる様に出来ているからなんだって。
年齢が若い程、新しい事をどんどん記憶していける様に、書き換えられて忘れる様に出来ているらしいよ。

例えば良い方だと後に許す事が出来たり、悪い方だと同じ事を繰り返してしまったりするのかな。

勿論すごく印象が強い出来事や衝撃的な事があったら、なかなか忘れられないと思うけど、でも段々と鮮明ではなくなっていくよね。

だから毎日とか毎週とか、いつもいっぱい焼き付けておきたい、自分の事も、みんなの事も。

まぁ、最後はちょっと中村氏の詞を引用しちゃったかな!

と言う事で、第四回のお題は『習慣』
うーん無理やりか?!

次に語ってもらうメンバーは…


村井あさみん!よろしくー。

第二回:水野レナ
お題:『匂い』

オイニ〜!コラムなんて初めて〜
わーいわーい♪

今回のテーマは『匂い』!
私は普段結構何でもかいでしまいます。包装紙、トイレットペーパー、他人の体臭、靴、足、脇汗、使用済みの下着、頭皮…なんでもかいじゃう!かぎたがり!!

好きなにおいもいっぱいある〜
シャンプーに自分の部屋に柊やキンモクセイの香り〜…

でもやっぱり好きな人の匂いが一番好き。落ち着く。
好きな人の匂いを好きになるってのは科学的にも証明されてるんだって!なんでも自分の遺伝子とは遠いのを好きになるとかなんとか…テレビでみた笑

匂いで記憶が蘇ったり、その時の感情を思い出すことって多い!しかも匂いの記憶はなっかなか薄れないんだよなぁ。

どうして!ねぇどーして!?恐怖タコ公園の…恐怖…タコ公園の…タコ女!!
ヒィー!!!!(ホリケン)

感情の起伏が激しい時は特にそう。

私は今からあのにおいをかいであんなことやこんなことを思い出します。

ということで第3回のお題は『記憶』。
微妙かなビミョーかな?!
このお題について語ってもらうメンバーは〜


齋藤メグミュージック!よろよろ!

第1回:中村マサトシ

お題:『ヒミツ』

 

HIMITSU CLUB BANDオフィシャルサイト開設、嬉しいです。

応援よろしくお願いします。

 

さぁ、お題コラム1発目のテーマは「ヒミツ」。

僕にとっての秘密(ここからは漢字で)は、「ひとり胸に秘めていること」。

誰かと共有するものではないと思っています。

ただ、その秘密が生まれるキッカケに遭遇した人が他にいれば、それは例外だけど。

 

が、しかし「これ秘密だよ」とか「誰にも言わないでね、実は」など

密かに拡散されていくのもまた「秘密」というものなのかもしれないと思ったりもして。

 

そういう意味も込め、ヒミツクラブバンドって名前が誰かにとって「私(僕)だけのものだ」となったり、「このバンドすごく良いから聴いてみ」と、拡げてもらえたりしたら嬉しい。

これからよろしく。クラブメイトの皆さん!

 

ということで、第2回のお題は「匂い」で!

僕は色んな面で「匂い」というものをとても大事にしております。

これについて語ってもらうメンバーは、、、、

 

水野レナ!!よろしくっ!!

 

HIMITSU CLUB BAND

密会@仙台JUNK BOX

「ひとつだけ」

中村マサトシ

Twitter